痩せる下着の効果

体型をカバーするインナー、加圧下着パンツ、スパッツやおすすめの口コミやランキングで人気の痩せる下着

MENU

痩せる下着は、歩く際に必要な運動量を履くことによって増やし
効率のいいカロリー消費ができるインナーです。
日常生活を変えずに同じ歩数の運動でも熱の消費量が上がるので、
やせるダイエット効果が高めることができるようです。

 

最近は機能性インナーがブームで大手インナーメーカーや通販サイトなどでも
体脂肪を燃焼し筋肉運動や引き締め効果が得られる
パンツ、ショーツ、スパッツ、ボディスーツ、キャミソール、
ストッキング、ソックスなどなど数多く痩せる下着が販売されています。

 

この痩せる下着の機能の一例を上げてみると、
・太ももや引き締めたい部分などがクロス構造。
・歩く度に普段使わない筋肉にも適度な圧力を与えまる。
・下着をつけることで歩幅が自然と広がる。
・自然と太ももやヒップの筋肉を使うようになる。

 

などなどで痩せる下着の種類によって異なりますがダイエットに効果的な歩行になるそうです。

 

おおよそ1ヶ月程度継続して使用する事で、
体脂肪の減少と姿勢矯正など体への変化が実感出来るようですし、
もともと引き締め効果はあるので身につければ引き締まったボディへと見た目は即効性があります。

 

痩せる下着をはいてダイエット効果を高めるには手を振りながら歩いたり、
歩数計(万歩計)をつけて一日の歩数を意識して歩くという習慣も大事ですね

姿勢矯正下着や補正下着は?

痩せる下着は着用して脂肪を減らしダイエット効果を高めるのが目的のものですが、
脂肪を動かしたり小さく見せ姿勢を美しく見せる補整や矯正目的のスタイルアップインナーもあります。
補整や姿勢矯正下着では、体脂肪の溜まりやすいヒップやウエスト、
そしてバストの形をキレイに見栄え良く整える目的で身につけます。

 

小さめサイズのインナーを選ぶ人も少なくありませんが、サイズ違いは体に余分な負荷をかけ
血流が悪くなったり、ボディバランスがより崩れる原因となります。
補整インナーで体型を整えたり、やせる目的の場合も無理をして小さめのインナーを選ぶより、
ジャストサイズのものにする方が効果的です。

 

やせるだけではなく美しいプロポーションの基準はバスト・ウエスト・ヒップのサイズバランス・形・位置で、
例えばバストはお腹より前に出ていて、ヒップが背中より後ろに出て、腰がくびれているなどです。

 

バストやヒップのたるみをなくすには、サイズの合う、形のいい矯正インナーを身につけることが、
ボディバランスを整え、バストラインやお尻のラインを美しい姿勢にめるようになります。

 

バストの形を崩さない為には、バスト全体を包み込めるものやアンダーを締めないブラを選びましょう。
アンダーサイズが小さいブラはボディに凹凸を作ります。
アンダーからウエストにかけてのラインが寸胴になるので注意しましょう。

 

締め付け方がおかしいスタイルアップインナーを無理をして着用ししていると姿勢が悪くなり、
やせる逆効果や、肩こりや腕のむくみの原因になりますので気をつけましょう。